必要なソフトと知識

ホームページ制作に必要なソフトと知識

ホームページ制作には何が必要でしょうか。答えは簡単なHTMLという言語の知識とテキストエディタだけです。しかしこれだけを使って実用的なホームページ制作はできません。CSS、Javascript、Flashなどの知識と技術が求められ、画像などを効率的に加工する高価なソフトが必要となります。知識の習得には専門書を読んで実際に作ることを繰り返す必要があります。そして技術を磨きます。素人が一朝一夕で出来るものではありません。

ではどうやってプロはホームページ制作をしているのでしょうか。まずソフトが違います。画像処理にはまずPhotoshopなどの高価な製品が必要となります。これはAdobe社のもので、業界のデファクトスタンダードです。もちろん他の無料ソフトや安価なソフトも存在しますが、機能の面では圧倒的な差があります。前述したCSSやJavascript、Flashなどを編集するためにもAdobe社の製品は活躍します。高度な技術者には別のソフトを使う方もいらしゃいますが、基本的にはAdobe社の独壇場です。ではこの製品の価格は幾らでしょうか?昔は買いきりで十万円をゆうに超えていました。最近になって年額6万円程度になりましたが、素人がホイホイ手を出せる価格ではありません。ホームページ制作には技術も必要ですが美的センスも必要です。また顧客とのコミュニケーション能力も必要です。いくら技術があっても配色や配置が悪ければ良いホームページ制作は出来ません。いくら美的センスのあるホームページでも、顧客のニーズを満たさなければ意味がありません。言い換えれば、顧客のニーズを満たせばそのホームページ制作は成功です。

高度な知識と確かなセンス、そして顧客とのコミュニケーション能力は買うことはできません。買うとするならば、その能力を持った人を雇うことです。自分で努力して知識と技術を磨き、美的センスを育み、顧客のニーズを満たせるようにコミュニケーション能力を磨くことがホームページ制作に携わる人には必要です。ただ単に一日中コンピューターに向かっていては、どんなに努力してもよいクリエイターにはなれません。人に会い、美術品を観て感性を磨くことも必要です。常に新しい情報を得て、小さなことでもしっかりと考えるようにする習慣が必要です。コンピューターの技術は日進月歩です。極めたと思った技術が次の時には時代遅れで使い物にならないこともざらです。ありきたりな言葉ですが、アンテナを高く持って日々を過ごすようにしましょう。